キャビテーションで効果が得られる回数の頻度と期間

 

キャビテーションで痩身効果を得るための回数や頻度痩身エステで人気のキャビテーションの最大の魅力は、どんな体質の人でも着実に部分痩せが可能なところです。
通常のエステにも超音波マシンはありますが、ほとんどが表皮組織層にしか届きません。
その点、キャビテーションの超音波は皮膚の奥深くまで浸透するので、しっかり脂肪を分解することができます。
脂肪細胞を小さくする方法ではなく、脂肪細胞そのものを減らすことができる方法なので、ダイエットにありがちなリバウンドの心配はありません。

 

キャビテーションは非常に魅力的な治療方法なのですが、効果を出すにはしっかり施術していく必要があります。
一度で効果を得られるものではなく、複数回の施術を重ねることで少しずつ実感できるようになります。
気になるのが月にどのくらいの回数の頻度で通えばよいかですが、月に3〜4回のペースで通うと良いでしょう。
1回の施術で3日から4日効果が持続するので、最適な月の回数の頻度は半週ペースでの施術になります。
施術後、3日から4日の間、脂肪が燃焼しやすい状態になるので、3日から4日周期で施術を繰り返すのが理想です。
しかし普通に仕事をしている人にとって、そこまで頻繁に施術を受けるのは無理があります。
そのため、多くの場合、1週間から2週間ペースで通う人が多いです。
最適な頻度は半週ペースになりますが、1週間ペースでも地道に続けて行けば十分効果は得られるでしょう。

 

着実にキャビテーションで効果を得るには、少なくとも2〜3ヶ月くらいの期間通うことが大事です。
脂肪細胞そのものを分解して体外に排出することで痩身を目指す方法なので、ある程度の期間を要します。
体外へ脂肪を排出する際、尿として排出することになるので、一度に多くの脂肪を落とすことはできません。
一気に脂肪を落とそうとすると肝臓に負担をかけるので、長時間の施術はできないことになります。
また、超音波が脂肪に届く距離は限界があり、少しずつしか脂肪を分解できないので、それなりの期間が必要です。

 

キャビテーションの効能 をしっかり体感するには、月に3〜4回の回数頻度で、2〜3ヶ月くらいの期間を要します。
そのため、一般的に10回くらいの回数でのプラン料金が設けられていることが多いです。
施術料金は1回2万円ほどなので、費用としては12万円くらいかかると考えておくと良いでしょう。
施術を受けると体は脂肪が燃焼しやすい状態になるので、しっかり回数を繰り返すことが大事です。
間隔を空けないで、一定の頻度で続けることが効率よく痩せる秘訣です。

キャビテーションのメリットとデメリット、副作用と安全性について

 

キャビテーションで痩身効果を得るための回数や頻度キャビテーションとは、脂肪細胞に作用する特殊な周波数の超音波を体外から与えることによって、液体に圧力を加えることで起こる気泡の発生と消滅をする空洞現象を利用して、脂肪細胞膜を壊して脂肪細胞を減らしていくという痩身治療のことをいいます。
脂肪細胞膜が壊れることでその中の脂肪が体内に溶け出して老廃物として血液やリンパ、排泄物として体外に排出するということで痩せていくことができます。
この方法を使った痩身治療のメリットとしては、まず脂肪細胞を壊すことによって細胞そのものを少なすくすることができるということが挙げられます。
細胞が減ることによってリバウンドするリスクが少なくなります。
また、超音波を当てるときには痛みや薬剤を使用することがないため、脂肪吸引や脂肪溶解注射などの方法と比べても体への負担が少ないと考えられます。
施術時間も10?20分程度で、気になる部分を一度の施術で行うことが可能となっています。
ダウンタイムもないため、いつものように入浴したりメイクすることもできます。
ただし、デメリットもあります。
超音波を使うため超音波が骨に当たることで金属音が施術後にも耳に残ったり、細胞から流れ出した脂肪は一度肝臓に集められてから分解されて排出されることで肝臓へ負担がかかります。
体質によっては胃の不調や下痢などの症状を引き起こすこともあり、内臓に負担をかけないためには施術前後1時間は食事をしないようにします。
また、脂肪吸引などとは異なり速攻性はなく、定期的な治療が必要で、脂肪がなくなることで皮膚がたるんでしまうこともあります。
肌のたるみに対しては、ボディクリームを使用したり、クリニックでたるみ治療をセットするなどの対策を行うことをおすすめします。
副作用としては、超音波による骨伝達や肝臓への負担、胃腸の不調などのほか、筋肉痛のような痛みが出てきてしまうこというケースも考えられます。
脂肪に対してのアプローチ力が高く、安全性の高い施術方法となっています。
しかし、キャビテーションの効果を高めるためには通常のダイエットも組み合わせることが大切です。

一度キャビテーションを行うと脂肪が燃焼しやすい状態に体はなっているため、それを意識して軽めでも良いため運動を行うことでより高いダイエット効果を得ることができるようになります。
また、食事のカロリーや脂質、糖質などに気を使いながらバランスの良い食事をしていくことも大切です。